ゴミの山

便所

夕闇ハウス

梅田で自殺した女子高生が話題になっている

 

誰のためでもなく、何の意味もなく、産まれたいと願ったわけでもなく、1400兆分の1の確率をたまたま引いて生を授かるのが人間だ

 

人間をはじめとする全ての生物は産まれるということを拒否する権利はない

 

全ての生物は遺伝子レベルで、本能的に子孫の繁栄を第一に生きている

 

しかし、人間に限っては死ぬ権利(子孫の繁栄を無視して自殺を図ろうとする感情、自殺の選択)が存在する

 

昆虫や魚類は自殺をしない

自然淘汰や、より強いDNAを効率的に残すために生殖行為を終えたらオスがメスに食われたり、オスがメスの身体と同化する生物はいるが、死にたいと思って自殺をする生物は人間以外にいない(イルカが自死をした、という話もありますが)

 

万物の霊長と言われる人間は、他生物に比べて異常なほどに脳が発達しており、感情がある

 

自殺は脳の発達が人間にもたらした一種の賜物であると思う

 

自殺=悪いこと

そんな風潮があり、人に迷惑をかけるから、人が悲しむから、人生が勿体ない

 

などとのたまう人がいるが、人間はいつでも誰でも自殺しようと思えばできる脳を持つため、自殺の権利を持っていると言える

 

その権利を行使するか否かは自分次第であり、75億以上存在する人間のうち1人が死んだところで人間という種が絶滅することは100%ありえない

 

日本や世界を代表する大手企業の社長が自殺しても、ホームレスや生活保護で暮らしている人が自殺しても、人間が絶滅することはない(社会に与える影響の大小はありますが)

 

生物学的に見れば、人1人が、誰が死のうが子孫の繁栄に大きな影響はない

 

産まれた瞬間に全ての人間に平等に命は分け与えられる

しかし人の価値は人によって様々である

 

感情が人の価値を左右すると言っても過言ではない

 

 

話を戻すが、自殺した梅田の女子高生の友達や家族は「自殺しないで欲しかった」と思うだろう(実際は知りません)

 

その「自殺しないで欲しかった」という気持ちの根本はエゴであると思う

 

友達が自殺したら悲しい、友達が減る

家族が自殺したら悲しい、今まで養っていたのに

 

友人や家族の死に対して悲しいと思うことは至極当然のことであり(人によりますが)、何も悪いことではない

 

しかし、このように人間の感情の根底にはエゴが存在していると思う

 

 

高校時代、仲が良かった友人が不登校になった

友達が少なかったので悲しかった

LINEで「学校来てよ」と送ったことをよく憶えている

 

その友人はときどき学校に来ていたが、彼は本心では学校に来たくなかったと思う

つまり、自分のエゴから出た言葉が友人を動かしたのだ

 

「学校来てよ」という言葉が、エゴなのか単なる友情から生まれるものなのか、自分でもよくわからない

考えれば考えるほど意味不明になっていった

 

結局、友人は単位が足りず留年してそのまま中退をしたが、自分はどうすればよかったのだろうか?毎朝、友人宅へ迎えに行き、LINEをし、学校に来させるべきだったのだろうか?自分のエゴからくる言動で彼を縛りつけることは友情と言えるのだろうか?

 

どんな人間もエゴの上に成り立っている

自殺した女子高生も、他者の強いエゴからくる言葉を聞いていれば自殺しなかったのだろうか?

 

そう考えると、エゴが自殺を止める一つの方法であったと言えるのだろうか?

 

女子高生の死にたいという感情も、周囲を慮らないエゴの塊なのだろうか?

 

 

 

ちなみにこのブログはブロンODして発泡酒飲みながらタバコ吸いながら書いているので何の意味も意義もありません伝えたいことないです

 

さっき駅前行ったら千鳥足の外人やら終わっちゃってる客引きだらけでサイアクだった

 

はやく都内の新築1LDKに住みたい

お金ください  ホ別100億

 

準無職フリーター音頭踊ってます今

ズンチャ♪ズンチャ♪

 

死にま〜すw

 

今にも落ちて来そうな空の下で

無職になった

 

去年の6月頃に内定をもらった会社を2週間くらいで辞めた

 

面接うけた時から興味なかった

いわゆる滑り止めの様な感覚で受けたら1次面接、2次面接、最終面接を経て内定をもらった

 

やる気なさすぎて最終面接に遅刻したのを覚えている

 

勤務地が首都圏にあったから受けただけ

実際、勤務地は北陸で完全にやる気失った

 

4月1日から仕事が始まり、はじめの1週間は本社がある東京で新人研修をうけた

 

ビジネスマナーだとか会社のことやら、同期100人強が寿司詰め状態で毎日最悪だった

 

無駄にグループワークが多かったので同期と仲良く(?)なってLINEやらインスタを交換した

 

本社研修の時点で同期に「一瞬で辞めると思う」「本当に全部どうでもいい」と喋った

 

同期は優しかったので色々とお話ししてくれた

 

本社研修終了後、北陸の工場で研修が始まった

座学に次ぐ座学の末、現場入りをしたがやる気も能力もないのでトンカツを揚げるのが下手で怒られた

 

現場入りして3日で辞めたのでベーコンやチキンをバットに並べてオーブンに入れる作業とトンカツ揚げ作業と蒸気釜で調味料を混ぜる作業しかしてない

 

仕事内容は楽で体力もわりとあるので楽勝だったけど、やはり仕事に意欲が湧かないのが大きくてマッハで限界に近づいていった

 

仕事終わりに眠剤と酒を飲んだらストレスのせいかガンギマリして異常行動を起こしてしまった

 

記憶がぶっ飛んでリンゴの皮を包丁で剥いていたらしく、朝起きたら皿にリンゴが盛られていた

 

その際に指を切ったらしく、寝室の床や掃除機(記憶がないので分かりませんが夜中に掃除をしていたらしい)に血がついていてビックリした

 

もう限界だと思ってその日のうちに退職届を提出した

 

半泣きで辞める旨を教育担当に話してトンカツを揚げた

 

同期にも辞めることを話したけど、優しいのか知らないけどちゃんと話を聞いてくれた

 

人にも恵まれて新卒で入社したけれど、自分がカスなので退職してしまった

 

すぐに辞めるだろうなとは思っていたけど実際に光速退職をキメると自己卑下で死にたくなる

 

興味ない仕事を辞めてから精神的に楽になったけど、この先の未来のことを考えると何もかもが嫌になる

 

全部俺が悪い

 

そうやって毎日、罪悪感と自分の無能さに苛まれて、ブロンを飲んで忘れて、の繰り返しだ

 

引越したら好きな花に携われる花屋でバイトをしようと思う

 

花屋の正社員になるかはわからないけれど、自分唯一、やりたいと思うことを始めようと思う

 

P.S.

同期の田村くんへ

 

引っ越す前に飲みに行きたいです

 

無職より

 

死の準備

社会人になって2日目

 

新人研修で講師によるコミュニケーションだとかビジネスマナーだとかの講習を受けているけど全部クソどうでもいい 早く帰りたい以外の感情ない

 

100人超の有象無象に囲まれてタコみたいなことしてるのが本当にバカバカしくて涙でる

 

と言いつつ今日も明日に備えてはやく寝る こうやって陳腐な社会に染まっていくのだろうと思うと自分が情けない

 

昨日は一言も発さなかったけど言葉を発した今日も今日で愛想笑いして「帰りたい」「素敵だと思った」みたいな偏差値5っぽいことしか言えなかった

 

疲れた

 

眠りに落ちてそのまま死ねたら幸せだと思う