終わった人生

文字の垂れ流し

この感動を、今君に伝えたい!


至極月並みで面白味のカケラもない、具体的な対象も存在しない漠然とした、生まれてから死ぬまでの間に何度も頭に浮かぶような言葉ではあるが、「まぁ、頑張りますか。」という気持ちになった。